メンズライクなコーデは、色っぽさをプラスするのがコツ!

 

ジャケット、ブルゾン、スタジャンなどなど…アウターが活躍する秋ファッションは、メンズライクなコーデが1番やりやすい季節。

 

特に、最近のレディースファッションでは、彼のクローゼットから、ちょっと借りてきたような「彼カジコーデ」が話題になってますよね。

 

そこで、このサイトでは、秋服で、彼カジコーデをする時の着こなしのコツをまとめてみました。

 

大きめサイズのスウェットは、女靴と合わせる

超デカBIGサイズのスウェットは、カジュアルコーデよりも、エレガントなレースのスカートやポインテッドトゥパンプスのような女靴と合わせるのが、今っぽくて色っぽい着こなしになります。

 

ライダースジャケットのインナーは、フェミニンなキャミソール

ハードなレザーライダースのインナーは、キュートなキャミソールにして、ボーイズデニムの足元はパンプスを合わせます。正反対のテイストが醸し出す絶妙なバランスが、今年のオシャレ最先端なのです。

 

ガーリーな花柄ワンピースに、MA-1のブルゾンを羽織る

BIGサイズのMA-1が多い秋冬コーデのポイントは、とびっきり女っぽいアイテムで着こなすことです。ふんわりフレアーの花柄ワンピや、ストラップの細いキャミワンピに、メンズライクなMA-1は鉄板コーデです。カーキに、ガーリーな花柄やレース生地は好相性で上品な雰囲気になります。

 

バーバーリーチェックをカジュアルに着る

 

バーバーリーチェックをスポーティに着る

 

2018年のレディース秋服では、バーバリーチェックがトレンドに復活。

 

正統派のバーバリーチェック柄を、あえて、スポーティーに着こなしたり、カジュアルダウンして着たり、かっちり決めないのが流行中です。

 

今年の秋ファッションでは、首まわりをボリューミーに飾るのも流行っているので、昔懐かしいようなバーバリーのマフラーも一周回って新鮮な感じになっています。

 


 

古着風にミックススタイルを取り入れる

 

花柄シャツにマーブル柄の古着ミックススタイル

 

ジャケットやコートのレトロな花柄を合わせたり、メンズライクでビッグサイズのダブルのジャケットを羽織りながらも、頭に花柄スカーフを巻いたり。

 

ロンドンや東京のコレクションを中心に、古着っぽいミックススタイルを取り入れるのが旬になっています。

 

長い毛足のファーは、相変わらず流行っているので、ビッグファーコートに、ボヘミアンなイメージの花柄ワンピースを合わせるような秋コーデもおすすめです。

 


 

また、メンズライクだけじゃなく、2018年のレディース秋服の全体的なトレンドの中から、普通の人が、すぐにでも、カジュアルコーデに取り入られれるトレンドは、こちらのサイトにまとまっています。

 

参考:秋服レディース2018!今年の秋ファッションのトレンドコーデ15選

 

秋服トレンドのレトロカラーのトートバッグ買いました

OandI(オーアンドアイ) トートバッグ

 

OandI(オーアンドアイ)で、秋コーデのアクセントになりそうなバッグを買いました。

 

全体的に秋冬っぽいカラーと、なんといってもポイントになるのがショルダー部分。

 

カラフルでレトロなカラーが、今年のレディース秋服でも流行中の70年代っぽい感じで、地味になりがちな秋冬のコーデのポイントになると思います。

 

ショルダーは取り外しができるので、つけたままカジュアルコーデに合わせたり、取り外してフォーマルな場面や、オフィスコーデなど、いろいろなシーンに対応できます。

 

中は3つに分かれており、見た目以上に物が入ります。

 

真ん中は、ファスナー付きのポケットが一つと、小さいポケットが二つあり、両サイドにもポケットが一つずつついており、小物などもバックの中で迷子にならず、とても使いやすいです。

 

持ち方もいろいろでき、ショルダー部分をつけて、垂らした状態で、普通に手持ちでもOK。

 

ショルダーの長さは変えられるので、斜めにかけてもいいし、肩から真っ直ぐにかけて持つことも出来ます。

 

肩ひもの部分のカラーが、今年の秋っぽいので、持つだけで、今年のトレンドを取り入れてる感じになります。

 

付属で、バックと同じ素材のタッセルがついていますが、こちらも今年っぽいので、このファーチャームを付けても、可愛いと思います。