カラーブロッキングコーデ、柄より色で個性を出したい人におすすめ

 

柄より色で個性を出したい人におすすめなのが、カラーブロッキングコーデです。

 

カラーブロックとは、2色以上の色をそれぞれのブロックに分けて使用する配色のことで、

 

色の個性がハッキリ出てくるような配色をさしています。

 

カラーブロッキングコーデでは、どんな色の組み合わせをするかがポイントになります。

 

ベーシックカラーを使って大人にまとめたり、派手カラーで洗練されたオシャレを楽しんだり、ほんの少し色の組み合わせを変えるだけで、着こなしの印象も変わります。

 

ベーシックカラーのブロッキングコーデ例

黒のライダース×白Tシャツ×グレーのミモレ丈スカート

モノトーンだけでまとめずに、グレーをいれるのがポイント。

 

ホワイトGジャン×グレーのチューブトップス×ネイビーペンシルスカート

3色使いがカジュアルコーデをお洒落に着るコツ

 

ベージュのトレンチ×ホワイトロンT×ブラックパンツ

カラーブロッキングの基本の3色

 

派手カラーのブロッキングコーデ

白シャツ×マスタードショート丈ニット×インディゴデニム

秋らしいこっくりカラーの組み合わせ

 

黒スタジャン×イエローTシャツ×グリーンミニスカ

派手な組み合わせは無地アイテムでモードな雰囲気

 

最初からカラーブロックになっているアイテムを活用する

1枚で3色使いの赤・黒・白色のボーダーニットは、インパクトが強いのでシンプルなボトムスと合わせてるのが正解です。今季ならホワイトパンツがおすすめです。